「士業(しぎょう)」とだけ聞いても一体何の事なのか解らないという人も多いでしょう。
あまり聞きなれないコトバですが、士業を簡単に言ってしまえば「士」と付く職業の人のことです。

よく知られた士業としては、弁護士、弁理士、税理士、行政書士、司法書士、会計士、中小企業診断士などがあります。

このように、士業とは「●士」という名称で、専門的な問題解決や、業務の代行を目的に国家資格等を有した専門家のことを指す資格職業の総称となります。

[include file=/rssb/13469/rss.html]

士業の多い分野としては、司法、会計、不動産、建築、土木、理工学、医療、福祉などになります。
その中でも、法律、会計、医療、福祉に関連する業務は、対象者の生命・身体・精神・生活に直接関わるため、資格や免許が必要な士業がほとんどです。

士業となるための国家資格を持つためには、だいたい年に1度の国家試験を受けなければなりません。
そして、その試験はとても難関であり、誰もが簡単に士業なれるものではないのです。
それだけに、士業というのは専門的な知識を必要とされる一方で、仕事のやりがいも大きく、士業でなければ行えない業務がたくさんあります。

また報酬面だけでなく、一国一城の主になれる独立開業の道もあり、それが士業の魅力となっています。

なお、士業には「営利目的ではなく職能である」という意味がこめられているために、株式会社や普通法人などを設立・兼業する事が許されていない士業もあります。

[include file=/rssb/13470/rss.html]